ヤミ金被害・トラブルの相談は、闇金対応している専門家へ!

※注意:弁護士・司法書士のすべてが闇金問題の相談にのってくれるわけではありません!

ヤミ金解決・相談無料のジャパンネット法務事務所
費用の後払い・分割払い可能!
今すぐ相談したいなら→0120-131-765(通話無料)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤミ金への口座譲渡は違法

闇金融業者への支払いが長期間滞ると、その罪悪感から闇金融業者からの申し出を断れなくなってしまうようですが、
「支払いを待つ代わりに新規銀行口座を4つ作って差し出せ」
このような提案を持ちかけられても、言いなりになってはいけません。

銀行口座を譲渡する行為は、銀行側から詐欺として訴えられたり、犯罪収益移転防止法違反とみなされて逮捕される可能性もあるのです。

闇金業者は返済先として複数の口座を所有しています。
一度凍結された銀行では新しく口座を開設することが難しく、返済金の振込先を1箇所失うことになります。
また悪質な金利で貸金業を行っていた場合、自身で口座を開設していると、開設依頼時に記入した個人情報から逮捕される可能性が高まってしまうため、闇金業者としてはできるだけ安易に使い捨てが可能な、他人名義の銀行口座を利用する傾向にあります。

闇金業者が所有する架空口座の多くは、返済に難があり闇金業者に頭が上がらない債権者が、半ば強制的に作らされて回収されたものなのです。

闇金業者に新規口座開設をもちかけられたら、違法行為に加担する前に警察や専門家へ相談して下さい。
スポンサーサイト

テーマ : ヤミ金・悪徳金融の手口
ジャンル : ファイナンス

カテゴリ
ヤミ金対応事務所に相談!
ヤミ金解決のジャパンネット法務事務所
こちらでも相談できます
ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
ランキングに参加しています
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。